母親学級の参加時期と内容は?行かない選択もアリ?

プレママにとって母親学級というのは、
面倒くさい・・・とか、面白そう!と思うイベントかと思います。

私自身、面白そうだけど、行くのが面倒くさい!と思っていました。
というのも、母親学級って平日の昼間に開催されるんですよね。

働いている妊婦さんからしたら、
「そんな時間に母親学級を開催されても仕事で行けないよ・・・」
と思わずツッコミを入れていると思います。

母親学級っていつから参加するの?

母親学級は、自治体と産院で開催されることが多いと思います。
私が参加した母親学級は、自治体、産院ともに3回開催日がありました。

自治体の母親学級については、
私は母子手帳をもらいに行ったときに、
母親学級開催のお知らせをもらったのですが、
妊娠7か月以降の妊婦”と参加対象が設けられていました。
※「〇〇市区町村 母親学級」と検索すれば案内がでていると思います

自治体の母親学級は、ガッチリと3回分の開催日が決まっていました
毎月定期的に開催されているわけでもなかったのですが、
私の場合、ちょうど産休に入った時に開催されていた母親学級があったので、
そこで参加してきました。

産院の母親学級については、
”妊娠初期頃””妊娠後期頃”と、ざっくばらんな指定があり、
妊婦健診のときに頃合いを見計らって産院の方で声掛けしてくれました。

自治体の母親学級は、母親学級が開催されている日だったら、
自分の都合で日にちは選べました

母親学級の内容は?

自治体の母親学級も産院の母親学級も、
大事なところは同じような内容をやっていました。

ただ、自治体の母親学級は時間が長い!
1回あたり3時間の開催時間でした。

産院は最低限のことをスパッとやっていたので、
1回あたり1時間の開催時間でした。

自治体の母親学級の内容

私が参加した自治体の母親学級の内容は・・・

 自己紹介とお産について

 歯と栄養(試食あり)について

 沐浴実習と出産準備について

でした。
自治体の母親学級では、
ママ友作りをやたらと推奨していました。

産院の母親学級の内容

私が参加した産院の母親学級の内容は・・・

 栄養ついて

 分娩について+院内見学

 母乳について

でした。
”栄養について”は、つわりがおさまってきた妊娠5か月に参加、
他の2つについては、産休に入ってから参加しました。

産院の母親学級は、少人数の妊婦相手に必要なことを教えてもらったので、
本当に「学級」という感じでした。

母親学級って行ったほうがいいの?

母親学級に行った方がいい?と聞かれたら、
行けるなら行っておいてもいいかもね、という感じです。
仕事が忙しくて行けないなら無理して行くほどの内容でもないと思います。

ただ、自治体と産院とどちらの母親学級がいいか?
と聞かれたら、産院の母親学級の方がいい、と思います。

出産する病院が開催している母親学級の方が、
誰でも対象とした自治体の母親学級よりも実用的かと思います。
(院内見学とか分娩とか母乳とか、院の推奨スタイルで教えてくれる)

最後のまとめ

母親学級の内容は、プレママ雑誌やネット等でも知ることができます。
なので、絶対に参加しないといけないものではないです。

ただ、母親学級で同じプレママと顔見知りになれるし、
何かしら為になる話もあると思います。

なので、まずは体調や仕事等の都合がつけば参加する。

自治体と産院の両方の母親学級があるなら、
まず産院の母親学級を優先して参加する。

体調や仕事等の都合がつかなければ参加しない。

という感じでいいのでは?と思います。

Sponsord Link

関連記事

ピックアップ記事

2017.3.15

モノグルタミン酸型葉酸サプリの価格・栄養素を比較してみました

こんにちは、さつきです。 プレママ必須アイテムの『葉酸サプリ』を選ぶポイントは、モノグルタミン酸型葉酸であること。 モノグルタミ…

サイト運営者情報

プロフィール画像150

管理人:さつき
現在、幼稚園の男の子のママをしています。比較的順調だったプレママライフとは裏腹に、出産は陣痛の果てに緊急帝王切開となる。
プロフィール詳細

助っ人友人ライター:いちご
小学生の女の子のママをしていて、現在第2子を妊娠中。管理人・さつきとは違ったタイプのプレママライフを送る。

プレママおすすめ記事

ページ上部へ戻る