ルイボスティーの効果は?グリーンルイボスティーとの違いは?

私は妊婦時代にルイボスティーを飲むようになりました。

それ以来、出産後も母乳育児ではなかったものの、
好んで飲むお茶の1つとなりました。

私のルイボスティーに関する知識は、
ノンカフェイン飲料”ということだけでした。

そして、ルイボスティーにも、
グリーンルイボスティー”という種類があることを知り、
早速飲んで見ました。
関連:グリーンルイボスティーを飲んでみました

グリーンルイボスティーを注文した時に商品紹介の紙が入っていたのですが、
これを読んでみたところ、ルイボスティーの効果や、
ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いが書かれてあり、
なかなか面白かったのでご紹介してみたいと思います。

Sponsord Link

ルイボスティーの効果って何?

ルイボスティーには、活性酸素の増加を抑える効果があります。
分かりやすく具体的に言うと・・・

 美肌効果

 生殖器機能の正常化(不妊・任活)

 老化を防ぐ

 便秘解消によるダイエット効果

 アトピー性皮膚炎の減少

などなど、嬉しい効果が目白押し!
私自身、アトピー性皮膚炎なので、
ルイボスティーを飲んで予防していきたいと思います。

この女性に嬉しい効果は、
ルイボスにしか含まれていない”アスパラチン”が活躍しているらしく、
ルイボスティーに注目が集まっているとか。

ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いって何?

ふむ。
ルイボスティーはいいことだらけのお茶というのはわかったけれど、
じゃあルイボスティーとグリーンルイボスティーってどう違うのか?

一言でいうと、
ルイボスの茶葉を発酵させたかどうか、
という違いです。

発酵させたものがルイボス、
発酵させていないものがグリーンルイボス、
ということです。
なので、発酵させていないグリーンルイボスの方が少し苦味があります。

たったこれだけの違いなのですが、効果は大きく違うのです!!

ルイボス比較-min

活性酸素の増加を抑える効果の高いフラボノイドが、
グリーンルイボスの方が10倍多く
ルイボスにしか含まれていないアスパラチンが、
グリーンルイボスの方が40倍も多いのです!!

つまり、老化防止・美肌効果は、
グリーンルイボスの方が高い!ということですね。

最後のまとめ

グリーンルイボスは希少性の高いものなので、
ルイボスティーに比べたら少々お値段は高くなるものの、
含まれている成分の量が随分違います。

どうせノンカフェイン飲料としてルイボスティーを選ぶなら、
女性に嬉しい効果が高いグリーンルイボスティーを選ぶと、
お腹の赤ちゃんも、妊婦さん自身もハッピー♪ですね。

関連:グリーンルイボスティーを飲んでみました

Sponsord Link

関連記事

ピックアップ記事

2017.3.15

モノグルタミン酸型葉酸サプリの価格・栄養素を比較してみました

こんにちは、さつきです。 プレママ必須アイテムの『葉酸サプリ』を選ぶポイントは、モノグルタミン酸型葉酸であること。 モノグルタミ…

サイト運営者情報

プロフィール画像150

管理人:さつき
現在、幼稚園の男の子のママをしています。比較的順調だったプレママライフとは裏腹に、出産は陣痛の果てに緊急帝王切開となる。
プロフィール詳細

助っ人友人ライター:いちご
小学生の女の子のママをしていて、現在第2子を妊娠中。管理人・さつきとは違ったタイプのプレママライフを送る。

プレママおすすめ記事

ページ上部へ戻る