妊婦健診で少しでも体重を軽くするための服選びをしよう

妊婦健診に行くと必ず行われる体重測定。

地味にプレッシャーになりませんか?
体重の増加に一喜一憂、産院の先生のタイプによっては、
厳しい食事指導なんかもありますよね。

私が通院していた産院は優しい病院だったので、
体重についてはアレコレ言われたことはなかったです。

もともと体重は妊娠前の+11kgで収まっていたこともありますが、
2週間で2キロ増加した時も助産師(看護師)さんに、
「ん!?」という顔をされた程度で済みました(笑)
関連:胎児の体重の増え方と妊婦の体重の増え方

妊婦健診の体重測定が憂鬱だよ~!
というプレママは服選びで悪あがきをするのも1つの手です。

Sponsord Link

悪あがきその1 妊娠前の体重を盛る

母子手帳を貰うと「ふだんの体重」という、
妊娠前の体重を記載する欄がありますよね。

ココ、見栄を張って軽く書くべからず!!

そして、家で体重を量る時って裸に近い状態で体重計に乗りますよね。
だから「ふだんの体重」にはその時の体重を記載しがちですが、
妊婦健診は洋服を着たままの体重を量ります

なので、「ふだんの体重」には洋服を着た状態で体重計に乗った時の数値を記入しましょう。
この時に重要なのは軽い服じゃなくて少し重い服を着ると少し体重が盛れます。

体重の増減も貴重なプレママの体重管理なので嘘八百はかけませんが、
ほんの少し工夫することでその後の体重測定にゆとりがもてるはず♪

悪あがきその1 妊婦健診当日は軽めの服装で

間違えてもジーンズ素材を着て言ってはダメですよ!

私は幸い、春・夏・秋妊婦だったので、
極めて軽い服装で妊婦健診に臨むことができました。

妊婦健診当日は、レギンスと軽い素材のチュニクやワンピースで臨みました。
冷房対策で羽織ものも持参しますが体重測定の時はもちろん脱ぎます。

秋・冬妊婦さんにとっては薄着は天敵なので、
体重の増減よりもまずは暖かさを重視してくださいね。

ただ、産院に行くまでは厚着をして、
到着したら脱ぐということで少しは体重を軽くすることができるはず。

ニット素材は軽い物も多いし、
自分の手持ちの服の中で極力軽いものを選ぶと少しは体重を軽くみせることができます。

最後のまとめ

妊婦健診の体重測定は洋服の重さで大分変ってきます。

体重の増減も妊婦さんとお腹の赤ちゃんの体調を管理するのに必要なものなので、
洋服の重さで変わってくるのも変な話ですが、
産院での体重測定はしょうがないので割り切りましょう。

自宅で裸で体重測定するのが1番正確なので、
産院の体重測定で一喜一憂するのはナンセンスです。

Sponsord Link

関連記事

ピックアップ記事

2017.3.15

モノグルタミン酸型葉酸サプリの価格・栄養素を比較してみました

こんにちは、さつきです。 プレママ必須アイテムの『葉酸サプリ』を選ぶポイントは、モノグルタミン酸型葉酸であること。 モノグルタミ…

サイト運営者情報

プロフィール画像150

管理人:さつき
現在、幼稚園の男の子のママをしています。比較的順調だったプレママライフとは裏腹に、出産は陣痛の果てに緊急帝王切開となる。
プロフィール詳細

助っ人友人ライター:いちご
小学生の女の子のママをしていて、現在第2子を妊娠中。管理人・さつきとは違ったタイプのプレママライフを送る。

プレママおすすめ記事

ページ上部へ戻る