おしりふきの水分量は水99.9%で満足?コットン利用がお得!

産まれてくる赤ちゃんにとって良いものは?
と考えると「おしりふき」も何を使おうか迷いますよね。

おしりふきの水って大丈夫?
とか、
水分量がタップリな方がいいよね!?
とか。

もうですね、99%とか99.9%とかどうでもいいんですよ。

おしりふきの水分量120%!!

我が家が使っているおしりふきの水分量はおおよそ120%です。

というのも、大判コットンを利用しているので、
水分量はいかようにも調節可能なのです。

水に濡らしたコットンをきつく絞れば水分量が50%くらいにもなるし、
軽く絞れば200%も不可能ではない!

ちなみに西松屋オリジナルの大判サイズのコットンを使っています。

冬はお湯で湿らせて、夏は水で湿らせて使っています。

外出用にはトイレに流せるおしりふきを利用していますが、
コットンもおむつポーチの中に忍ばせてあります。

新生児のゆるゆる便もザッとふき取れる

大判コットンの良いところは水分量を調節できるところ。

新生児のゆるゆる便は水分量が多いおしりふきの方が簡単にふき取れるし、
コットンだと市販のおしりふきよりも分厚いのでザッと拭い取れます。
しかも肌触りもコットンの方が優しいですよね。

おしりに着いた水は雑ですがキッチンペーパーでポンポンと拭います。
乾いたコットンだと綿が付着するんです。
実験の結果キッチンペーパーが最適でした。

コットンは経済的

市販のおしりふきは薄いから1回の使用量も多いと思いますが、
コットンの場合は分厚いので1回の使用量も少なくて済みます。

我が家の場合、
新生児のゆるゆる便では1回の使用量は8枚前後の、
離乳食が始まって固形に近づいてくると使用量は減り2枚~4枚程度です。

上記の大判コットンは540枚入りなのでなかなか減りません。
しかも540枚で800円程度なので経済的です。

男の子の場合は大の時しか拭かないので、
さらに経済的かと思われます。

最後のまとめ

おしりふきのメーカーは何がいいかな?
と迷われている場合はコットンをおすすめします。

コットンを自分で湿らせる方法なら、
成分を気にする必要もないのでラクだしお得ですよ!

Sponsord Link

関連記事

ピックアップ記事

2017.3.15

モノグルタミン酸型葉酸サプリの価格・栄養素を比較してみました

こんにちは、さつきです。 プレママ必須アイテムの『葉酸サプリ』を選ぶポイントは、モノグルタミン酸型葉酸であること。 モノグルタミ…

サイト運営者情報

プロフィール画像150

管理人:さつき
現在、幼稚園の男の子のママをしています。比較的順調だったプレママライフとは裏腹に、出産は陣痛の果てに緊急帝王切開となる。
プロフィール詳細

助っ人友人ライター:いちご
小学生の女の子のママをしていて、現在第2子を妊娠中。管理人・さつきとは違ったタイプのプレママライフを送る。

プレママおすすめ記事

ページ上部へ戻る